【新本】流行服 洒落者たちの栄光と没落の700年(送料無料)

¥ 2,674(税込) 残り1点

●発送方法について(購入前に必ずお読み下さい)
クリックポスト(全国一律185円)か、佐川急便で発送します。
クリックポストで送れる商品を2冊までは「配送方法」選択で「ゆうメール370円」を選択してください。3冊の場合は「佐川急便(700円)」を選択してください。
佐川急便発送の商品は配送地域によって700円〜1000円ですが、複数冊ご注文の場合は、「注文内容」の「配送方法」のところで「佐川急便(複数冊)」を選択してください。
送料の詳細、注文方法、お支払い方法、返品など、その他の詳細については「About」ページをご確認ください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    全国一律 0円

【新本】流行服 洒落者たちの栄光と没落の700年(送料無料)の商品説明

中世の流行から現代のストリート・ファッションまで、700年にわたるファッション史を
いままでほとんど書かれたことのなかった視点から400点を超えるカラー、モノクロ図版とともに通観する密度の濃い一冊。

・ピューリタンが好んだ黒服好きは、20世紀まで続くが、これは流行服だったのか?それとも宗教服だったのか?
・イギリスにイタリアかぶれの「マカロニ」が現れたとき、フランスにはイギリスかぶれの「アングロマニ」が出現した。
・1830年代のロマン派ダンディは、男性用コルセットを着用するほどスリムさを気にしていた。
・紳士服が黒に平準化されるにつれ、女性には白い布を管理する能力が必要とされた。
・ブルジョワがゴージャスに装ったとき、洗濯女やアイロンかけ女工といった産業労働者が、彼らの衣装を支えていた。
・1870年まで子ども服は、大人服のミニチュアに過ぎなかった。
・モデルという職業が誕生する前は、パンドラというファッション人形が流行を伝えた。
・ブルーカラー労働者の起源を辿ったファッション史は存在しなかった!
・トランクス型水着の流行とターザンの関係。
・モノクル(片眼鏡)は、なぜ1920年代のベルリンで流行ったのか?
・リュシアン・ヴォージェルと『ガゼット・デュ・ボン・トン』。
・写真家セシル・ビートンと20年代英国の“ブライト・ヤング・ピープル"
・戦時下のアメリカのズートスーター・スタイルの深層にあったもの。
・アンソニー・プライスとトミー・ナッター、70年代のロンドン・ファッション。
・ボロルックを始めたのはヴィヴィアン・ウェストウッドではなかったのか?

など、57項目にわたって、これまでのファッション史の隙間を埋める画期的記述で、歴史を再構成したグラフィカルな書物です。

著者:長澤 均
出版:ワールドフォトプレス
発行:2013年
ソフトカバー:200ページ
サイズ: 28.2 x 20.8 x 1.4 cm
言語:日本語
状態:新本

通報する